コウノドリの続編、コウノドリ2017の第1話で
ナオトインティライミの奥さん役で登場した
高橋メアリージュンですが、

夫が仕事優先、
赤ちゃんが先天性の心室中隔欠損症、
さらにキャリウーマンだった自分が
立ち上げたプロジェクトからの途中離脱、

という三重苦により追い詰められ、
赤ちゃんが大泣きしても
放置するという状況になってしまいました。

このシーンはネットでも話題になり、
育児放棄だ!
いや無気力になっているだけでネグレクトではない!
といった意見が様々に交わされています。

結局、第1話の最後のシーンが、
この問題のシーンだったので、
まだ解決していません。

おそらく2話以降も
この問題を扱っていくのではないかと考えられます。

引き続き見守る必要がありますね…

前作コウノドリ2015の見直しなら1ヵ月無料のU-NEXTがオススメです!
↓↓↓



本作コウノドリ2017の見逃し配信ならTBSオンデマンドで視聴可能です!!
↓↓↓

リンク:TBSオンデマンド

高橋メアリージュンを追い詰めた心室中隔欠損症とは?

そもそも高橋メアリージュンを
精神的に追い詰めた心室中隔欠損症とは
どのような症状なのでしょうか?

心室中隔欠損(しんしつちゅうかくけっそん)は、
先天性(生まれつき)の心疾患(心臓病)の1つです。

心臓は真ん中に壁があり、左右の部屋に区切られています。
この部屋を右心室、左心室と言い、
体中を巡って酸素がなくなった血液が右心室に入り、
そこから肺に送られ、血液に酸素補充をします。
肺から心臓の左心室に入り、また体中に送られる、
というサイクルを繰り返します。

心室中隔欠損はこの左右の部屋を区切る壁に
穴が開いている症状で、
軽度(穴が小さい)であれば自然に治る場合もある疾患です。

赤ちゃんの心臓病の中で一番多い疾患で、
1000人に3人の割合とも言われています。
※このうち半数は生後1年以内に自然に治るそうです。

初めての出産で身辺が大きく変わる中での、
この症状は新ママである高橋メアリージュンを大きく不安にさせます。

そして、とうとう無気力状態となり、
ネグレクトともとれるシーンになったわけです。

好演の高橋メアリージュンのプロフィール

高橋メアリージュン プロフィール
————————
■本名
不明

■生年月日
1987年11月8日

■出身
滋賀県

■血液型
A型

■事務所
エイジアプロモーション

■主な作品
「闇金ウシジマくん」
「るろうに剣心」
「新宿スワン」

日本人の父とスペイン系フィリピン人の母とのハーフ。

CanCamの専属モデルや数々のテレビドラマに出演しています。

妹はモデルの高橋ユウ、弟はJリーガーの高橋祐治で、
姉弟揃って活躍する羨ましい家族ですね~^ ^



ダメ夫だったナオトインティライミのプロフィール

ナオトインティライミ プロフィール
————————
■本名
中村 直人

■生年月日
1979年8月15日

■出身
千葉県

■血液型
不明

■事務所
株式会社エンジン

中学時代から曲作りを始め、大学時代にメジャーデビュー。

1年くらい世界一周旅行をし、帰国後は得意のサッカーの人脈を活かして、
ミスチルのコーラス(桜井がサッカーが得意らしい)として参加します。

その後は音楽活動やサッカー関連の仕事で活躍中です♪