井上真央復帰作のドラマ「明日の約束」は
第1話で高校生が謎の死を遂げることで、
原因は何なのか?を探るヒューマンミステリーです。

かなり多くの伏線があり、
全く先の読めない状況ですが、
とっても面白いドラマなので
観ていない人はぜひ観てくださいね♪

今回は第1話の動画と
あらすじを紹介します。

あらすじは結論まで記載していますので、
ネタバレ注意です。

本編を全部見たいな~という方、
FODで無料で視聴できますよ♪
↓↓↓


明日のやくそくの第1話まとめ動画

※結論まで入っています!ネタバレ注意!
↓↓↓

明日の約束の第1話を
見逃した人にとっては
とてもよくまとまっていると思います。

このドラマは各話連続性のある
ストーリーなので1話でも
見逃してしまうと
なかなか話の展開がわからない
場面もあるかと思います。

なのでこのドラマの要点を
抑えておくと
途中から見ても
ある程度状況把握ができるようになります。

その要点とは、
ドラマの目的は謎の死を遂げた
高校生(吉岡)の死の原因を探ることで、
原因として、今のところ3つの要素が
伏線としてドラマの各所にちりばめられています。

・クラスのいじめが原因
・部活のいじめが原因
・毒親の束縛が原因

この3点以外の原因が
これから出てくるのでしょうか?

ドラマの軸は壮大な「犯人捜し」
というテーマになってしまいます。

井上真央演じるひなたも
犯人捜しは良くないと思っていますが、
吉岡の死の経緯は知りたいと
思うようになります。

結果的に犯人捜しになって
しまうのだろうなと思います。

またミッチーのセリフで、
犯人や謎が解明しても
被害者は帰ってこない、
という意味深なセリフも
ありました。

果たしてこの事件の真相は如何に?!

まとめ動画ではなく、
全編動画を見たい人はこちら!
↓↓↓


あすのやくそくの第1話の詳細あらすじと考察

※結論まで入っています!ネタバレ注意!

藍沢日向(井上真央)は、
親や教師とは違う立場から、
悩みを抱える生徒の心のケアに力を尽くす、
高校のスクールカウンセラー。

付き合って3年になる
ブライダル会社勤務の
恋人・本庄和彦(工藤阿須加)からは
家にあいさつに行きたいと言われているが、
実は、母の尚子(手塚理美)は
いわゆる“毒親”で、
日向は幼い頃から過干渉な尚子との
いびつな関係に悩んでいた。

↑この母の尚子と交換日記を
強制的に井上真央は幼い時に
付けさせられていました。

その日記には母の異常な
性格が出ており、
とてもいたたまれない
気持ちになります。

この井上真央の
幼少期の交換日記の内容は
各話の最後に必ず流れると
思います。

そしてこの交換日記の
名前が「明日の約束」です。
おそらくこの日記の
内容が今後の
物語の鍵になりそうです。

ある日、不登校が続く1年生の吉岡圭吾(遠藤健慎)のことが気になる日向は、
クラス担任の霧島直樹(及川光博)と家庭訪問をすることに。

母・真紀子(仲間由紀恵)とともに
2人を出迎えた圭吾は一見元気そうだったが、
日向には自分たちの前で決して笑顔を
くずさない圭吾の様子が気にかかる。

やがて真紀子は一枚の診断書を取り出し、
イジメが原因で圭吾が“軽いうつ”を患っていると、
イジメに気付かなかった学校側の対応を非難。

しかし日向は、原因は学校だけでなく、
真紀子にもあるのではないかと疑う。

↑井上真央の母親が毒親だっただけに
自分の母親と同種の毒親には
すぐにピンと来たのだと思います。

そしてその母親を持った子どもという
立場で吉岡の考えると
次に彼がどんな行動をとるかも
ある程度予想できたのかもしれません。

一方、圭吾のイジメについて早速、
クラスメイトや所属するバスケ部の顧問に
聞き取り調査を行っていた霧島。

顧問は、部活内に問題はなかったと主張するが、
それでも日向は部員に話を聞きたいと食い下がる。

そこへ真紀子から、圭吾が家出したと連絡が入り……。

↑この後、家出した吉岡の居場所を
突き止め、井上真央は彼の本音を
聞き出そうとしますが、
毒親の妨害に会い断念します。

そして、その夜彼は亡くなり、
ドラマの謎解きが始まりました。

一緒にドラマの謎解きしませんか?
過去動画はFODで!
↓↓↓