コウノドリ2期の1話から3話に
わたって気になっていた
高橋メアリージュンのネグレクト(育児放棄)

3話では高橋メアリージュンは
ネグレクトではなく産後うつで
あることがわかりました。

精神的に追い込まれた彼女は
病院の屋上から身を投げようと
しますが、四宮先生の説得で
なんとか思いとどまります。

その後精神科医を紹介してもらい、
また旦那のナオトインティライミも
イクメンではなく、父親として
寄り添う!と宣言し、
一件落着かのように見えます。

でも本当に問題が解決したのでしょうか?




そもそも産後うつとは?

「コウノドリ」第3話の感想ありがとうございます。私が演じた役は決して大袈裟じゃなくて、世の中には同じような想いをしている、してきた人達がたくさんいて、実際に産後うつにかかってお亡くなりになられた方々もいます。 あのドラマを見て少しでも誰かが救われますようにという想いで演じさせて頂いたので皆様のメッセージ本当に嬉しいです。 ・ 【産後うつ】は誰にでもなり得る病気です。 あなただけじゃない。 あなたは悪くない。 私もこの作品で勉強させて頂く機会がなければいつか出産した時に実際自分が産後うつになってただろう…と思わされました。 ・ 「治ります」(四ノ宮先生/星野源さん)「誰かに頼るのはダメな事じゃないよ」(小松さん/吉田羊さん)達の言葉にすごく救われました。 ・ ・ 演技のはずが、リアルや真実を大事にしてる現場なので役として生きることができる恵まれた環境に感謝しています。 ・ そして、生後10日ぐらいの赤ちゃんから3ヶ月くらいの赤ちゃんが本当に撮影現場に来て演技してくれるんです。 その力は偉大でした。 本当に頑張ってくれました。ありがとう。 役柄上、あまり仲良くしないようにしていたのですごく心苦しかったですが、最後ちゃんと「可愛い」って言えて仲良くできて良かったです^ ^ ・ ・ 女性はもちろんですが、是非男性にも知ってほしいお話なのでもし奥様が録画されていたら旦那さまも一度一緒に見てあげて下さい。 ・ ・ 改めまして皆さんのあたたかいメッセージ、ありがとうございます。 励みになります。 #コウノドリ #佐野彩加 #産後うつ #産後鬱

Maryjun Takahashi OFFICIALさん(@maryjuntakahashi)がシェアした投稿 –

産後うつとは、
産後に発症するうつ病で、
10~20%に生じるとされています。

1日中気分が沈む、
日常生活の中で
興味や喜びが感じられない、
赤ちゃんに何の感情もわいてこない、
食欲もなく体重が減る、
不眠/睡眠過多などがサインとなります。

この中で特に
「赤ちゃんに何の感情も
 わいてこない」
ということが本人に
ショックを与えます。

なぜなら周囲の人間は
赤ちゃんが生まれると
お祝いをしてくれます。

そして、
かわいい赤ちゃんが
生まれて幸せ者だな!
という状態になります。

なぜか母親は
幸せの絶頂期であるか
ようなイメージを
周りは持ってしまいます。

なので自分の子どもが
かわいいと思えない、
と感じても決して
周囲に言う事ができません。

なぜなら赤ちゃんを
産んだ母親は
幸せの絶頂期で
いなければならないから…

このような
プレッシャーから
周囲の誰にも相談できず
どんどん孤独になり
追い込まれていきます。

コウノドリでは
この母親の心理を
上記に表現していました。

産後うつの質問票として
エンジンバラ
産後うつ病自己評価票
というものがあります。




エンジンバラ産後うつ病自己評価票の内容

エンジンバラ産後うつ病自己評価票は以下の10問を答えます。

————————————

1.笑うことができたし、物事の面白い面もわかった。

いつもと同様にできた。
あまりできなかった。
明らかにできなかった。
全くできなかった。

2.物事を楽しみにして待った。

いつもと同様にできた。
あまりできなかった。
明らかにできなかった。
全くできなかった。

3.物事がうまくいかなった時、自分を不必要に責めた。

はい、たいていそうだった。
はい、時々そうだった。
いいえ、あまり度々ではなかった。
いいえ、全くそうではなかった。

4.はっきりとした理由もないのに不安になったり、心配したりした。

いいえ、そうではなかった。
ほとんどそうではなかった。
はい、時々あった。
はい、しょっちゅうあった。

5.はっきりとした理由もないのに恐怖に襲われた。

いいえ、そうではなかった。
ほとんどそうではなかった。
はい、時々あった。
はい、しょっちゅうあった。

6.することがたくさんあって大変だった。

はい、たいてい対処できなかった。
はい、いつものようにうまく対処できなかった。
いいえ、たいていうまく対処した。
いいえ、普段通りに対処した。

7.不幸せな気分なので、眠りにくかった。

はい、ほとんどいつもそうだった。
はい、時々そうだった。
いいえ、あまり度々ではなかった。
いいえ、全くそうではなかった。

8.悲しくなったり、惨めになったりした。

はい、たいていそうだった。
はい、かなりしばしばそうだった。
いいえ、あまり度々ではなかった。
いいえ、全くそうではなかった。

9.不幸せな気分だったので、泣いていた。

はい、たいていそうだった。
はい、かなりしばしばそうだった。
ほんの時々あった。
いいえ、全くそうではなかった。

10.自分自身を傷つけるという考えが浮かんできた。

はい、かなりしばしばそうだった。
時々そうだった。
めったになかった。
全くなかった。

————————————

この10問の回答結果で
ある程度傾向がわかるそうです。

ただし問題点として、
産後うつだと認めたく
ない人はこの回答を
ちゃんとしない、
全部問題なしを
選んでしまうと思うので
このような人のケアや
何らかの対応が
必要だと思います。




ドラマの産後うつ問題は解決したのか?

コウノドリ第3話では、
精神科医を紹介してもらい、
夫も父親として頑張ると宣言しました。

果たしてこれで問題解決なのでしょうか?

そもそも高橋メアリージュンが
うつになったのは
自分が一番だと
思っていることです。

また自分が一番になりたい!
という気持ちが強すぎます。

だから自分の一番の座を揺るがす
育休は彼女にとって敵なわけです。
さらには自分の時間をも奪う
自分の赤ちゃんでさえ…

この自分が一番大事、
という気持ちを
無くさない限り
彼女は同じことを
繰り返すでしょう。

また夫も頑張ると
宣言しましたが、
3日くらいしか
もたないと思います。

今後の治療は
精神科医の腕の
見せ所でしょうが、
ドラマでは見えない
問題の根本原因を
解消する過程も
見てみたいです。