明日の約束も3話目に突入しました。
ドラマの全体の1/3を経過したところで、
徐々に最終話に向けての
伏線がちりばめられて来ています。

3話の最後ではバスケ部顧問の
辻先生が何者かに襲われるシーンで
終わってしまいました。

辻先生はちょい役で
終わるかと思いきや、
急に物語の謎を解く
1つのピースに含まれるようです^ ^

FODなら大画面でかつ綺麗な映像で見られますよ!
↓↓↓


明日の約束 第3話の交換日記もヤバイ!

毎回お馴染みとなった
ひなたの幼少期のトラウマとなっている
母との交換日記「明日の約束」。

第1話では8歳のシーン、
第2話では10歳のシーンだったので、
第3話は2歳とばしで12歳か?と思いきや
9歳のシーンでした。。

———————————————–
9歳のひなたへ 8/29 明日の約束

日向の読む本も遊ぶ玩具も食べるおやつもお友達も全部ママが選んであげる。

日向にとってそれが一番正しいんだから。

明日の約束
「ママの言うことを疑わない。」
———————————————–

相変わらずの毒親っぷりです!

こんなにとんでもない母親なのに
なぜひなたは同居しているのでしょう?

第4話ではその理由があきらかに
なりそうです♪

1話から3話のひなたの母親の毒親っぷりを観るならFODがオススメ!
↓↓↓


明日の約束 第3話 ひなたが実家で暮らす理由

ひなたは元々一人暮らしをしていたようですが、
父親が亡くなり実家に戻ったそうです。

でも、あんなトラウマになるほど
ひどい仕打ちをしてきた母親と
同居なんて、すごいというか
何か裏がありそうですよね?

このドラマの終わり方が
吉岡君が亡くなった原因が
明らかになることなのか、
ひなたの母親と和解することなのか
どちらかだろうと考えられます。

そしてもしひなたの母との
和解だったとすると、
同居している理由が判明しそうです。

ひなたのトラウマの記憶は
3話で8歳、10歳ときて9歳というように
ずっと小学生時代がメインになりそうです。

ということは中学や高校の
時はそこまで毒親では
ないのかもしれません。

さらにひなたの母親は
左手を怪我しています。

この怪我の原因が
ひなたで母親が本当に
ひなたを守ったことによる
怪我だとしたら…

だからあんなにひどい
母親を捨てられず
同居しているのではないでしょうか?

明日の約束の無料動画配信ならココ!
↓↓↓