明日の約束も7話が放送され、
残りあと3話となりました。

1話から振り返ってみると、
ありとあらゆる人間の闇が
描かれているドラマだな~と
感じます。

ミッチーこと霧島先生が
黒幕であることは
数々の伏線が示唆されています。

しかし動機がまだわかりません。

私なりに色々考えてみた結果、
三角関係が動機では?
と考えています。

今回はこの三角関係であろうと
結論に至った理由を書いていきます。




まずは今まで発生した闇を整理してみる

明日の約束は謎解きドラマであるため、
色々な伏線もあり、
また真実になかなか到達できないよう
「ノイズ」が含まれています。

第1話では吉岡君が亡くなってしまい、
彼の死の真相を探ることが
このドラマのゴールかと思いました。

彼の母親の過干渉が原因?
クラスのいじめが原因?
部活のいじめが原因?

といった真相を探ることが
ドラマのメインのように
描かれていました。

しかし、もし真相を探ることが
ゴールでなかったとしたら
どうでしょう?

吉岡君の問題が
上記の「ノイズ」だったとして、
吉岡君関連を除くと
あとに残るものは何でしょうか?

(下に続きます)




吉岡君関連を除くと見えてくるもの

吉岡君問題に関連する
毒親である母親、
教育委員会の別居中の父親、
援助交際の妹、
部活の先輩、
部活の顧問
を「ノイズ」として
除去すると、

残っている闇は、

香澄ちゃんのリストカット、
望月さんの足のケガと退学、
ひなたの母親、
ひなたの彼氏のDV
ぐらいです。

日向の母親とDV彼氏との
戦いは第8話で決着が付くとして、

残るは香澄ちゃんと
望月さんだけです。

そして彼女達2人に共通するのが
元担任のミッチーこと霧島先生。

彼らが三角関係だと
すると色々なシーンの
つじつまが合います。

例えばリハビリを受けていた
望月さんが
香澄ちゃんが警察から
逃げていることを聞き
「そのまま逃げ切ればいいのに」
とぼそっと言います。

これは香澄ちゃんの
霧島先生への復讐が
成功して欲しいという
願望だと思います。

霧島先生はネットの
情報操作が上手いので
一連のネットの噂の出元は
彼だと思います。

そして三角関係の
もつれから
霧島先生はあらぬ
噂を流して
香澄ちゃんと
望月さんを退学に
追い込みます。

時が経ち
二人が霧島先生の
真相に気付き
復讐を誓う。

こんな展開はいかがですか?
そこまで発想も
飛躍してないですよね^ ^

最終話に真実が
明らかになります。

お見逃しなく!

PS:うさぎの件とひなた先生への告白はいまだに謎です。。