陸王の8話が放送されました。

今回も熱い回でしたね♪

8話では行田市民駅伝でチームこはぜ屋が10位以内に入賞すればネットインタビューされる、ということからそこで陸王を宣伝しよう!という作戦で駅伝に参加します。

結局役所広司が足をくじいたランナーを助けたことにより遅れをとり、10位入賞はなりませんでした。。

※個人的には、この足をくじいたランナーが後々こはぜ屋を助けてくれるかも?と妄想しましたが、どうでしょうか?ww

ところで、この市民駅伝中に大きな古墳がコースとなっていて個人的に何の古墳だろう?とかなり気になりました。

今回はこの古墳の詳細とロケ地となっている行田市について紹介したいと思います。

↓↓↓8話のダイジェストと9話の予告




行田市民駅伝コースの古墳について

陸王の8話で古墳が何度か映りました。

とっても大きな前方後円墳(ぜんぽうこうえんふん)です。

前方後円墳とは上から観た時の形が鍵穴みたいな形でとっても特徴的です。

古墳は丸い古墳も多いのですが、前方後円墳がかっこよくて個人的には好きです。

で調べたところ、陸王に登場した前方後円墳はおそらく「稲荷山古墳」です。

他にも行田市には古墳がたくさんあり、近辺だけでも大きな古墳が9個もあります。

驚きなのがそれらの古墳のほとんどが昔は民家で古墳を土を削り取っていました。

今ではその土地を市が買収し、元々の古墳の形に復元されています。

この古墳群だけでも見ごたえがありますが、行田市にはさらに忍城という最高のロケ地があります!




陸王最強のロケスポット「忍城」

「忍城」それは行田市民駅伝のスタート地であり、チーム陸王の練習の地でもあり、茂木選手のコソ練の場所でもあります。

陸王のロケ地となったことで、かなり知名度を上げた忍城ですが、私は前々から忍城には行ってみたかったんです。

なぜなら映画「のぼうの城」の実際の場所だからです!

映画「のぼうの城」は、豊臣秀吉が小田原北条氏を攻めている時に、石田三成が北条方の忍城を水攻めにして降伏させようとしますが、のぼう様をはじめ、多くの優秀な武将達によって水攻めは失敗し、忍城を守り切ります。

この話は史実に基づいており、無敵を誇った豊臣勢に一矢報いたという胸がスカッとする話で、私は原作を読んだ時に興奮して1, 2時間で読み切った記憶があります^ ^

なのでぜひ一度忍城がある行田市に行ってみたいと思っていたのですが、なかなか行けず今至ります。。

そんな時に陸王で忍城が登場に、私は興奮しました。

今度こそは「のぼうの城」と「陸王」のWロケ地巡礼として行田市に行って参ります!!