黒幕であるミッチーがあっけなく失脚することになりそうな最終回の予告ですが、結局誰が真犯人だったのでしょうか?

明日の約束第9話で、香澄姉ちゃんはミッチーを襲うことを思いとどまり、警察に自首することになりました。

次週で最終話になりますが、ドラマ全体を通して、色々な闇が登場しました。

今回はそんな闇を整理して真犯人に迫りたいと思います。




明日の約束で登場した色々な闇

今まで登場した色々な闇を挙げてみます。

・吉岡君の謎の死
・毒親による息子への過干渉
・毒親による娘へのネグレクト(育児放棄)
・クラス内のいじめ
・部活動内のいじめ
・部活動のしごきと体罰
・母子家庭の児童虐待
・家庭内暴力
・ネット掲示板での誹謗中傷
・マスコミの過熱報道
・愛人との別居
・援助交際

などなど、世間のありとあらゆる闇が凝縮されたドラマだと言えますね。

それぞれの闇に該当する人物が黒幕だ!と当初は予想されていましたが、9話では犯人捜しではなく、違う解決を目指すとひなたは心に決めます。

ミッチーが黒幕だ!と私も散々言ってきましたが、吉岡君の背中を押したはミッチーとは言い難いため、背中を押した人物が真犯人だと考えられます。




最終話で真犯人が暴かれる?

残り1話となった第9話でも、吉岡君の死のきっかけは分からず、伏線も見られませんでした。

最終話の予告では、吉岡君の毒親が死を選ぶような雰囲気ですが、これは実行に移らないと思います。

まだ吉岡君の妹と毒親との和解もできていないし、バスケ部のマネージャとキャプテンの恋の行方もわかりませんし、そもそもひなたと母親との関係も全く進展がないし、色々未解決なことが多過ぎます!

最終的なオチとして、誰々が真犯人にはなく、全ての人間の心に闇がある!みたいな漠然とした抽象的な結論にならないといいなと感じるのは私だけでしょうか…?